主な流れを見る

支援センターを利用しての就職をするまでにはどういった流れになるのかということをはあくできている方はまだ少ないです。支援センターを利用してからの就職をするまでにはまず最初に支援センターへの問い合わせからしていきますが、電話だけでなくメールでも出来ますので自分に合った方法で問い合わせをします。問い合わせの後には支援センターで行なわれている説明会に参加し体験利用を数日間行い、正式に利用することを決めます。利用をする場合には利用の申請を行い障害福祉サービス受給者証の発行手続きをし、支援センターの入所になります。入所から就職までの流れのまず最初に利用者との利用を結び、利用者の特性を把握するためにヒアリングを行います。ヒアリングは個人にあった訓練スケジュールを組むためには必要不可欠ですので、しっかりと話合うことが大事です。ヒアリングの後は支援センター内での訓練が始まります。訓練ではビジネスマナーだけでなく技術やコミュニケーション能力も身につけていきます。そしてそれを活かすために提携企業の協力のもと支援センター外で実践訓練を行い実務活動をしていっきます。支援センターによっては細かいことは異なることがありますが、基本的の流れはこのようになっています。協力している企業は持っている障害の内容によって決まることもありますので、そういったことも事前に把握しておくとベストです。何か分からないことが出てきた場合にはすぐに支援センターの人に問い合わせてみると良いです。