制度を利用する

障害を持っている人が就職をすることが出来るようになるまでには支援センターを利用して訓練を受けるといったことがありますが、これだけでなく支援や相談の窓口、職場的応援助者による支援などの利用もあります。まず支援や相談の窓口の利用はこれはハローワークと協力をしていて就職までの相談や職業能力の評価、就職前の支援から就職後の職場適応に向けた援助など障害の状態や状況などに応じてのサービスを受けることが出来ます。これらも支援センターと同じように利用の前にはまずは電話やメールで問い合わせをしてみることです。職業紹介の場合には協力をしているハローワークのホームページを見てみることが勧められています。職業評価と職業指導があり、職業評価の場合は就職の希望の把握で職業能力などを評価して環境に適応するために必要な物事を決めてきます。職業指導では円滑に就職が出来るようにアドバイスなどを行っていきます。次に職場適応応援助者による支援というものは職場や職業の適応に課題がある知的障害や精神障害を持っている人の雇用の促進と職業の安定のために事業所にジョブコーチを派遣し、専門的な援助を行っていきます。この支援制度は就職や雇用前だけでなく雇用後にも利用することが可能になっているので、何か不安な要素などがある場合には頼れることが出来ますので、上手に利用をしてしっかりと働くことができることができますので安心です。